会議弁当のポイント

会議弁当のポイント

会議弁当のポイント 会議弁当の手配を頼まれて、その選び方に悩んだ経験がある人は数多くいます。その理由は会食をしながらミーティングを行うというのは、会社の中でも重役クラスの人が集まるか、取引先の顧客が参加するというような重要な場面である場合が多いからです。
しかし、どの会社でも大きな課題となっている経費削減という問題がある以上、お弁当にいくら掛かっても良いということにはならないでしょう。つまり、決められた予算内で会議の参加者に満足してもらえるような内容のものを選ばなければならないということになります。
そこでポイントとなってくるのが、やはり見栄えです。彩り良くおかずの種類が多い内容ならば、高級感がぐんと増します。そして参加者の年齢層や、性別等を鑑みてなるべく大多数の人から支持がもらえるような内容を考えるということも大切な要素です。個人の好き嫌いやアレルギー等の情報が事前に分かっていない限り、会議弁当に関しては無難でしかも高級感が漂う見た目のものを選ぶことをおすすめします。

売れてる会議弁当の値段の相場と

売れてる会議弁当の値段の相場と 日本フードデリバリー株式会社が実施した「売れてる会議弁当ベスト10調査」によると、選ばれた10品の全てにおいて、値段が1000円?2000円内に収まっています。
平均価格は1274円であり、最も多いのは1000円という結果になりました。
実に10品中の5品が、1000円または1050円となっています。
内訳を詳しく見てみると、和風懐石やサーロインステーキといった高級食材を用いた弁当が最も高額であり、1500円?1800円。
野菜中心の季節の料理や、万人受けするハンバーグ、定番の幕の内などが、最安値の1000円でした。
また、料理内容だけでなく、容器にこだわっている弁当は少し値段が高いようです。
この結果から、多くの企業では会議弁当の予算として1000円程度を想定していることが分かります。
会社内の人間だけでなく、接待性を伴う会議などの場合は、少し予算を上げて見栄えのする弁当を用意しているのかもしれません。